育成(強化)と結果(勝利)

前回の「頑張れる選手を育成する育成方法」では、人間の基礎作りについて触れましたが、今回は「頑張れる選手を育成する育成方法vol.2」として選手の自立について触れたいと思います。

スポーツチームには2つの大きな目的があります。ひとつは育成(強化)です。中学、高校なら各3年、大学なら4年の中で戦力として活躍できる選手を育成すること。

また、学生スポーツの大きな役割である人間育成も絡んできます。

そして、もうひとつは結果(勝利)です。

チームによってそのバランスや考え方は様々だと思いますが少なからず育成と結果がチーム目的に入ってくることでしょう。前回も登場した私が指導をしている群馬県常磐高校の野球部では、スタッフ陣が行う自己評価の中に「選手が卒業時に次のステージでチャレンジする気持ちで旅立っていったか?」という評価軸があります。

現段階では可視化できる評価とは言えませんが、高校野球は終わりではなくステップアップの場所ですので人間的に育成が出来たのかどうかを見極めるようにしています。

1 2 3


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010