コアを意識していない状態

コアを意識している状態

トレーニングというと、重りを持って頑張って息を切らしながらするというイメージがあると思いますが、コアトレーニングは違います。コアトレーニングは「体の中の筋トレ」なので、目には見えない筋肉を鍛えるために体の中に集中しなければなりません。呼吸をしながら、ゆっくりと自分の体重と重力を重りとしてトレーニングを行います。ここで重要なのが、「意識」です。

トレーニング方法

まずは体の中の筋肉をセットする方法から始まります。これをコアセッティングといいます。コアセッティングの仕方は、仰向けに寝た状態で両膝を90度に曲げます。そしてお腹を膨らますようにしながら大きく息を吸い、下腹部を締めるようにゆっくり息を吐きます。この時に骨盤が動かないように注意します。力んで息を吐くと骨盤が後ろに傾き、背中が床にベタッと押し付けられてしまいます。


コアセッティングができたら実際に体を動かすトレーニングをしていきます。今回は、スタビライゼーショントレーニングを紹介します。スポーツをしている人であれば一度は見たことのあるトレーニングだとは思いますが、スタビライゼーショントレーニング一つでコアを意識しているのとしていないのでは全く効果が違います。せっかくトレーニングをしているのであれば正しくトレーニングを行いましょう。

1 2 3


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010

タグ: , , , ,