この他にも、センバツでは投手の投球がワンバウンドの軌道と判断した時点でスタートする軌道スタートをたびたび成功させた。冒頭で紹介した天理戦の好走塁も練習の賜物だ。

「甲子園は右中間、左中間が広いですから、(外野手が)カットマンに返して、そのまま走って持ってきたときは、ホームが狙い目だと言っていました」

一塁から長躯ホームインした小林の足は「はっきりいって遅い」(葛原コーチ)。足の速さではない。まさに意識と日々の練習の積み重ねがもたらした好走塁だった。神村学園戦で見せた1死三塁からの振り逃げで捕手の送球と同時に三塁走者がホームを狙う走塁や鳴門戦で見せた1死一、三塁から一塁走者が外野フライで二塁を狙う走塁、関東大会で見せたトリッキーな走塁も練習試合では珍しくないプレーだ。

とにかく走る意識が徹底されている。機動力を完全に自分たちの個性にしている。個性があるからイメージが作られ、イメージがあるから戦う前に一段上の立場に立てる。打てないときにも足は打開策になるため、かつてのように打てなくてお手上げという試合はない。

課題を挙げるなら、足を封じられたときだ。昨夏の横浜戦、今春の大阪桐蔭戦と甲子園で敗れた試合はいずれも盗塁ゼロに終わった。横浜は近藤健介(日本ハム)、大阪桐蔭は来年のドラフト候補といわれる森友哉で、ともに二塁送球は2秒を切る強肩。盗塁は容易ではないが、足が持ち味である以上、それでもしかけなければいけない。

「いくらキャッチャーがよくても、やっぱり、行かなきゃダメですよね。プロのキャッチャーでも、盗塁阻止率はよくても5割に満たない。2回行けば1回は成功するんですよね。1回失敗してしまったことで、足を止めてしまったことが敗因。失敗しても行かなきゃダメなんですよ」

センバツ後は葛原コーチが部長としてベンチ入りするようになった。今後は、試合中でも走塁面の実践的なアドバイスを与えることができる。関東大会で見せたような“あっと驚く”走塁もいくつか準備はできている。まだまだ足で何か見せてくれそうだ。

「ウチは日大三高でも智弁和歌山でもない。いくら打撃に力を入れても、行かなきゃダメなんです。行かなきゃリズムを作れない。行かなければ始まらない。そこにはある意味、ポリシーとプライドを持ってやっていきたいと思います」

この夏、まずは群馬大会記録の30盗塁を目指してスタートする。ライバル各校はけん制やクイックを練習して健大高崎対策を練っているが、失敗は恐れない。リスクを背負うからこそ得られるものがあるとわかっているからだ。

警戒されるからこそチャレンジする――。

『機動破壊』の第2章が幕を開ける。

筆者:田尻賢誉
1975年神戸生まれ。熊谷高校~学習院大学卒業後、ラジオ日本勤務を経て独立。スポーツライターとして高校野球、プロ野球、メジャーリーグなど幅広く取材執筆活動を行っている。著書に愛工大名電高・柴田章吾投手をテーマにした「あきらめない限り夢は続く」(講談社刊)など多数。

公立魂~鷲宮高校野球部の挑戦~ あきらめない限り、夢は続く 高校野球弱者の戦法 非常識  甲子園連覇監督に学ぶ勝ち続ける強いチームの作り方
1 2 3 4


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010

タグ: ,