第94回夏の選手権岩手大会準決勝が行われ、花巻東のエース大谷 翔平が一関学院戦で高校生史上最速の160キロをマークした。

実際にマークしたのは6回表8-1と花巻東リードで迎えた場面。2アウトながらランナー2・3塁とピンチの場面で一関学院のエースで鈴木匡哉を打席に迎えた場面。

初球から高めの157キロのストレートで入り、154キロ、157キロ、159キロ、157キロと全てストレートの配球。コンスタントに150キロ台中盤から終盤を連発しその潜在能力の高さを存分に見せつける。そしてカウント2-3から最後の球は内角低めにストライク。160キロを計測し、鈴木を見逃し三振に仕留めた。

なお、花巻東は9-1で勝利して決勝進出。盛岡大付と決勝戦を行う。甲子園でもこの怪物を見られるか、注目の一戦となりそうだ。


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010

タグ: