- 野球新聞 - http://baseballjpn.com -

【野球トレーニング】加治屋杏子が教えるジュニア期の体作り:コアトレーニング第四弾

Posted By 編集部 On 2012/08/29 @ 12:44 PM In トップニュース,トレーナー特集 | 1 Comment


前回までの連載はこちら

ジュニア期の体作り:コアトレーニング第三弾
ジュニア期の体作り:コアトレーニング第二弾
ジュニア期の体作り:コアトレーニング第一弾

コアトレーニングの準備

前回と同じようにコアトレーニングを始める前に、まずは呼吸を整え体の中に目を向けコアへの意識を高めましょう。

トレーニングの準備が整ったところで、コアトレーニング第四弾を紹介します。

今回は股関節の柔軟性を目的としたトレーニングを紹介します。スポーツをするうえでトレーニングを重ね、力をつけることはもちろんですが柔軟性の確保も大切なことのひとつです。柔軟性が乏しい状態でスポーツをすることで、その他の部分に負担がかかりケガへとつながってしまいます。柔軟性が十分に確保されている状態で初めて体を自由にコントロールできるのです。

四股

スタートポジションは、つま先と膝先の向きが同じ方向になるように両足を大きく広げ立ちます。

スタートポジション

そのまま息を吐きながらゆっくりと膝を曲げ、背中が丸まらないように下がっていきます。

正しくトレーニングができているかどうかは、横からチェックするようにしてください。

図6aのように背中が丸まるとお尻が巻き込まれたような状態になってしまいます。正しくは図6-bのように胸を張った状態で真っすぐ下がっていき、内腿が張る場所で息を吐ききり、ゆっくりとスタートポジションに戻ってきます。

正面から見ると図6-cのようになります。10回ほど行ってください。

6-a

6-b

6-c

四股バウンディング

四股バウンディングのスタートポジション

続いては、先ほどの四股の形からバウンディングをするトレーニングを紹介します。

四股により股関節の柔軟性を確保した後は、四股バウンディングにより股関節周囲の筋肉のトレーニングを行います。スタートポジションは四股の一番下の状態からスタートします。

四股の状態からその場で20回細かくバウンドします。

バウンドする際に少しずつ背中が丸くならないように注意しながら、真っすぐ上下にバウンドするように注意しましょう。動画を参考にしてください。

スパイダーマン

最後に股関節の柔軟性と強化を兼ね備えたトレーニングを紹介します。

このトレーニングは体幹部の柔軟性へもアプローチができますので、スポーツには非常に良いトレーニングをなります。両手と両足をついた状態からスタートします。

左足を左手より前に出すのと同時に右手をより前に出します。次に右足を大きく右手より前に出すのと同時に左手をより前に出します。この動作を繰り返していくと少しずつ前に進むことになります。

腰の位置が高くならないように、できるだけ地面を這うようにして進んでいきます。動画を参考にしてください。

呼吸と軸を意識しよう

初回からお伝えしていますが、コアトレーニングを行う際には呼吸を止めないように、そして体の軸を意識して行うようにしてください。

コアトレーニング中に軸を意識する癖をつけておくと、ピッチングやバッティングの際に自然と軸を作ることができるようになります。コアトレーニング第一弾から今回の第四弾を通して、体の軸作りと柔軟性の確保ができてきたと思います。

次回からは、コアと体の軸を意識した、①片足スクワットリーチ、②フォワードランジを紹介いたします。

加治屋杏子(かじやきょうこ)
高校までバスケットボール部に選手として所属していたが、チームメイトの怪我をきっかけにアスレチックトレーナーに興味を持ち、国家資格のあるアメリカの大学に進学するため渡米。カリフォルニア州立大学フラトン校を卒業し全米公認アスレチックトレーナー(ATC)の資格を取得する。帰国後、富士通アメリカンフットボール部やフィットネスセンタートレーナーを経て独立しBridgingを設立。HP:http://bridging-kk.com/index.html
1 2 3


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


Article printed from 野球新聞: http://baseballjpn.com

URL to article: http://baseballjpn.com/2012/08/29/12428

Copyright © 2012 野球新聞. All rights reserved.