山脇氏が担当する講義内容は「投球動作とトレーニング」。具体的には、投球動作のチェックポイントを各Phaseに分けて、投球動作解析結果、プロ野球選手の投球フォームを参考に解説し、その理想的な投球フォームに近づくために必要な筋力、柔軟性、体の使い方をどのように補強、トレーニングしていくか解説していく。ケーススタディーとして現役高校生の投球フォームの考察、成長期の投球についても触れる予定。

また、投球動作とトレーニングに関しての実技編も行う予定で、初日に講義で解説した補強方法やトレーニング方法を実際に体験することで現場への応用と実践を目指す。

加治屋氏は脇田氏と共同で「投球障害肩に対するアスレティックリハビリテーションと鍼灸治療」についての講義を担当する予定。アスレティックトレーナーと鍼灸師の観点から、肩障害に対するアプローチについて解説をしていく。

鍼灸師の脇田氏からは肩障害の引き金となる、仙腸関節周囲筋癒着へのアプローチについての解説と、アスレティックリハビリテーション効率を高める鍼灸治療の有効性について説明。アスレティックトレーナーの加治屋氏からは、肩障害を根本的に改善するためのトレーニングの必要性とそのアプローチ方法について説明する。

また、加治屋氏は「怪我をしにくい体を作る!ケガ予防に役立つ野球トレーニング」というテーマでも実技指導を行う予定で、なぜケガをしやすい選手とケガをしにくい選手がいるのか、ケガをしにくい体を作るために知っておかなければならないことを解説する。野球をするうえでケガをしにくい体を作るために必要なトレーニングを、実際に選手に体験してもらうことが狙いだ。

1 2 3


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010