国際野球連盟(IBAF)と国際ソフトボール連盟(ISF)の合併に関しての郵送投票がIBAF加盟団体より満場一致で可決されたとIBAFより発表された。

これは両連盟の合併による新しい国際連盟組織の創設に関するIBAF側での承認作業で、ISF側は10月30日にアメリカ・テキサス州ヒューストンで開催された総会で既に承認していた。

IBAFのリカルド・フラッカーリ会長は「野球とソフトボールが今後永続的に繁栄していくうえでの非常に重要な一歩で、今後もソフトボール連盟と協力し選手や加盟団体へのサポートを継続して提供していきたい。2020年の五輪復帰活動では、これまで以上に五輪憲章への貢献ができることをアピールしていきたい」とコメントした。

ISF会長のドン・ポーター氏は、フラッカーリ会長との会談でそのニュースを伝えられ「ソフトボール連盟も両競技及び所属選手の未来を最優先に考えたIBAFの重大な決断に敬意を表している」と発表。

「一つの国際競技連盟として準備しているIOCの競技委員会へのプレゼンテーションは数日後に迫っているが、この承認は大きな力となるだろう。」と同会長は語っている。

■国際野球連盟(IBAF)について
1938年に設立された世界各国の野球協会が加盟している国際組織。スイスのローザンヌに本部があり、2011年1月現在、125の国と地域が加盟。年代別の世界野球選手権大会などを主催。女子野球やプレミア12創設など、世界の野球ファンの拡大に向けた活動を積極的に行っている。http://www.ibaf.org/en/


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010

タグ: