<特集>名プレイヤーの球児だった頃〜



「アラフォーでのメジャー挑戦!リスクよりも”夢”を選んだ〜

高橋健(たかはし けん)1969年4月16日





甲子園の常連。強豪横浜高校出身





小学生の頃は体力をつける為、スイミングスクールに通って

いた。



小中学生の頃は主に投手として活躍

地元戸塚中学から横浜高校に進学



3年生の夏は高い能力の選手が揃っていたが二回戦で向上

高校に敗北。



のちに阪神に入団したエースの高井一がいたため外野手兼投手

として活躍する。

打順も上位ではなく下位を打つことが多かった。

恩師は渡辺監督になる。



小学生の頃にぜんそくを発症。以後、ぜんそくの発作により

野球のプレイにたびたび影響を及ぼしている。

発症それほど頻繁に出るものではない。





横浜高校時代は息があがりながら試合で投げていたこともあっ

たようだ。

プロに入ってヒドかった時には約2週間登板できず、1軍にいな

がら別メニューの調整fを余儀なくされた。





拓殖大学進学後、3年生まで野手として活躍、4年生で投手に

専念する。



東都リーグ2部ながら通算17本塁打を残したバッティングセ

ンスは非凡なもの。





拓殖大学から社会人のTOYOTA自動車に入社

94年のドラフトで広島東洋カープから4位で指名を受けプロ

入りを果たす。



~~~高橋健選手のココから学ぼう~~~



幼少期から野球センスに非凡なものを感じさせるが、引退を

に至るまで驚くような成績を残してきたわけではない。



40歳を越えてメジャーリーグにトライして活躍する姿は多く

同世代に感動と勇気を与えて話題になる。

センスだけではプロの世界では行きていけないという現実を

高橋健は痛いほどよく知っているのではないか。

センス、努力はもちろん、多くのファンから愛される人間性

こそが高橋健をプロ野球選手として支え続けた真骨頂だろう。

年齢などのリスクよりも「夢」を自ら選択した男儀も当然な
がら見落とせない



引退セレモニーも盛大に行われた。




広島カープ高橋健投手 投球フォーム

広島カープ高橋建投手 現役最後の登板

広島カープ高橋建投手引退セレモニー


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010