【夏の大会の展望】
秋春と四国大会連覇の英明が香川大会の軸になる。
秋の大会の英明は投打がかみ合い、準々決勝の三本松戦を除いてほぼ危なげのない試合展開で圧勝したと言っていい。投手陣は田中と中西の両左腕が安定した投球内容で相手チームを寄せつけなかった。どこからでも攻撃できる打線は大量得点を重ねることができる。

春にトーナメントを勝ち上がり、香川2位として四国大会に進出した丸亀城西はエースの山上代の制球力が良い。特に春は投手陣が踏ん張り、県大会6試合を3完封、1失点が3試合とほぼ完璧と言っていい内容だった。順位決定戦で臨んだ英明戦は序盤から痛打されて大量失点、四国大会でも中盤まで優位に試合を進めながら逆転を許すと終盤に力尽きた形になった。香川大会では堂々たる試合展開だっただけに、優勝候補の英明や全国レベルのチームとは差があった印象だが、夏までにどれだけ上積みできているか期待したい。

秋の大会で英明を苦しめた三本松は、エースの三好が中心のチーム。春の大会では複数球団のスカウトが視察に訪れたほどだ。2、3回戦を連続完封して素質の片鱗を見せた。

秋・準優勝の高松南は、三本木の三好を攻略、隙のない野球が信条だ。

この他にも昨夏の準優勝校・大手前高松、秋の準優勝校・観音寺中央、古豪の高松商、尽誠学園などが打倒・英明を狙う。

過去8年の夏の甲子園出場校

新チーム結成後の地区大会ベスト8


関連記事

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2014 - - 2014
2013 - - 2013
2012 2012 2012 2012
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010